職場の合わない人間関係を解決する5つの方法をご紹介

ゆきぱん
ゆきぱん

どうもこんにちは!!!
この記事の著者、ギャルのゆきぽよのことが好きなゆきぱん(Twitterアカウント)です!ゆきぽよってめっちゃ可愛いですよね(^o^)
おっと、そんなことより私の自己紹介をしなきゃ!
私は”俺の外注化”を進めている外注の専門家です。
主に50円で記事作成を外注さんにお任せしながら、ブログやサイトの運営をしています。それによりアフィリエイト収入を得ています。
今現在はサラリーマンとして平日5日間を働きながら、副業にフルコミットしています!
転職は5年間で3回してしまったり、その他にも過去に泣けたり大金を失ったりするような失敗を繰り返して今に至ります。詳細はYouTubeチャンネルもご覧ください。
それでは全集中で書いた渾身の記事を見ていってください♪

職場の同僚・上司などの中に、人間的に自分と合わないと感じてしまう人はいませんか?
合わないと感じてしまうと、自然と態度にその感情が出てしまう事があります。

あなたにも1度くらいは「この人は自分のことが嫌いなのかな?・苦手なのかな?」と感じてしまった経験があることでしょう。
職場の人間関係だけでなく、学生時代なども含めて考えてみると経験があるはずなのです。

あなたがその様に感じてしまった時に、相手から「苦手」だと言われましたか?
おそらく、何となく態度や雰囲気で感じとったはずです。
自然と態度に出てしまっていた為に、あなたがそう感じてしまったことでしょう。

職場の人間関係においても、同じ事が言えます。
苦手意識を抱いてしまっていると、相手に伝わってしまい人間関係がギクシャクとしてしまうのです。

今回は、あなたが「合わない」と思っている人とでも、人間関係を円滑にできる方法をご紹介していきます。

職場での人間関係で悩んでしまう前に、試してみてください。

方法1:明るく挨拶・話かける

職場の合わない人間関係を解決する方法は、明るく挨拶・話かけることです。
合わないと感じている相手には、どうしても挨拶をする頻度が少なくなってしまいます。

出来る限り関わりたくない」と思ってしまっているからなのです。
出勤した直後は誰でも挨拶を交わすのが一般的ですが、仕事の休憩中などにすれ違ったりした場合、苦手意識がある相手にわざわざ挨拶をする人は少ないことでしょう。

休憩中などに世間話をしたりすることも無いはずです。
しかし合わないと思っている人にこそ、明るく挨拶をしたり、自分から話かけることによって、相手との距離が縮まり人間関係が良い方向に向かうことがあります。

意外と先入観で苦手意識を持ってしまっていた!という場合も多いのです。
相手と話をしてみることで、相手の人間性に触れ苦手意識が少なくなります。
職場の合わない人間関係を解決する方法は、明るく挨拶・話かけることで解決できるのです。

方法2:感謝の気持ちを伝える

職場の合わない人間関係を解決する方法は、感謝の気持ちを伝えることです。
仕事でフォローをしてもらったりした場合に、きちんと感謝を伝えていますか?
相手が上司の場合は、おそらく誰でも感謝の気持ちを伝えていることでしょう。

しかし相手が自分と同期・後輩などの場合には、その都度感謝を伝えていない場合が多いのです。
例えば「ありがとう」くらいの言葉はかけたとしても、「助かりました」などの感謝が伝わる言葉をかける事は少ないのではありませんか?

助けてくれた相手が自分の苦手意識のある相手であるのなら、尚更、感謝の気持ちを伝えた方が良いのです。
苦手であればある程、相手にもそれが伝わっています。

相手からすれば「助けてもらって当たり前!」と思っていると勘違いをされてしまうのです。
助けてあげたのに…と思われてしまい、より人間関係が悪い方向に向かってしまいます。

人間関係が上手くいっていない相手にこそ、感謝の気持ちを伝えることで人間関係が良い方に向かっていくことでしょう。
職場の合わない人間関係を解決する方法は、感謝の気持ちを伝えることで解決できるのです。

方法3:相手の話をよく聞く

職場の合わない人間関係を解決する方法は、相手の話をよく聞くことです。

苦手意識がある人の話を聞きたくない!と思う気持ちは理解できます。
しかし、相手の話を上の空で聞き流してしまっていると、より一層人間関係が悪くなってしまうのです。

仕事上の話を聞くのは当然ですが、プライベートな話であっても相手の目を見て話を聞いてあげると、相手のあなたに対する印象が変わります
例えば年頃の娘をもっている人の場合、家庭で居場所が無い・娘に相手にされていない!などの事情があるはずです。

そういう人の場合には、話を聞いてあげるだけで、あなたに対する好感度が上がることでしょう。
相手があなたに対して、好印象を抱いてくれれば、人間関係も良い方向に向かうはずです。

職場の合わない人間関係を解決する方法は、相手の話をよく聞くことで解決できることでしょう。

方法4:報連相を必ず実行する

職場の合わない人間関係を解決する方法は、報連相を必ず実行することです。
社会人としては報連相は大事なことだとお分かりのことでしょう。
「報告・連絡・相談」なのですが、相手が苦手意識のある人だと後回しにしてしまうことがあります。

自分がしなくても、誰かがするだろうと考えてしまうからなのです。

出来ることなら関わりを持ちたくない!と思っているからこそ、後回しにしてしまいます。

私の場合には、あえて苦手意識を持っている相手に1番最初に報連相を実行しています。

苦手意識はありますが、頼っていますよ!という事を態度で表しています

そうすることによって、相手の人からは可愛がってもらえる様になりました。
おそらく誰でも、自分が頼られていると感じると嬉しく思ってしまいます。
人間関係が良い方向に向くきっかけになってくれるのです。

職場の合わない人間関係を解決する方法は、報連相を必ず実行することで解決できることでしょう。

方法5:割り切って対応する

職場の合わない人間関係を解決する方法は、割り切って対応することです。
先に挙げた方法を試してみても、人間関係が良い方向に向かない相手には、割り切って対応することも有りでしょう。

人間には、どうしても相性という物が存在しているのです。
生まれ持った性格・育った環境などによって、合う・合わないが出てきてしまう事は仕方ないことでしょう。

色んな方法を試してみたとしても、人間関係に変化をもたらすことが出来ない場合には、仕方がないのです。
「そういう人なんだ!」と自分で割り切って対応すれば、人間関係に悩んでしまうことが無くなることでしょう。

職場の合わない人間関係を解決する方法は、割り切って対応する事で解決します。

まとめ

職場の合わない人間関係を解決する方法は

方法1:明るく挨拶・話かける
方法2:感謝の気持ちを伝える
方法3:相手の話をよく聞く
方法4:報連相を必ず実行する
方法5:割り切って対応する

以上の5つになります。

社会人にとって常識的な方法も含まれていますが、意外と実行していない場合もあるのです。

実際に、私の職場には報連相がいい加減な同僚が居ましたから…。
報連相が1番大切な方法かな?と私は感じていますが、あなたの実践しやすい方法で人間関係を良い方向に向けてみてください。

1から順番に実践しやすい方法となっていますので、順番に実践していくのも有りです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です