仕事を辞める決断ができない時の5つの対処法を大公開!

ゆきぱん
ゆきぱん

どうもこんにちは!!!
この記事の著者、ギャルのゆきぽよのことが好きなゆきぱん(Twitterアカウント)です!ゆきぽよってめっちゃ可愛いですよね(^o^)
おっと、そんなことより私の自己紹介をしなきゃ!
私は”俺の外注化”を進めている外注の専門家です。
主に100円以下で記事作成を外注さんにお任せしながら、ブログやサイトの運営をしています。それによりアフィリエイト収入を得ています。
今現在はサラリーマンとして平日5日間を働きながら、副業にフルコミットしています!
転職は5年間で3回してしまったり、その他にも過去に泣けたり大金を失ったりするような失敗を繰り返して今に至ります。詳細はYouTubeチャンネルもご覧ください。
それでは全集中で書いた渾身の記事を見ていってください♪

仕事を辞める決断ができない時は誰にでもあります。
なぜ決断することができないのか?理由は人それぞれ違うのですが、共通しているのは、辞めた後の生活に対して不安があるからではないでしょうか。

今仕事を辞めてしまって、次の仕事が決まらなかったら生活していけない・収入が少なくなってしまったらどうしよう・今の仕事よりも自分に合わない仕事だったらどうしようなどの不安があるから決断することができないのです。

しかしそんな不安は時間が経過しても消えることはありません!
今回は仕事を辞める決断ができない場合に使える5つの対処法を公開していこうと思います。

現在進行形で決断ができずに悩んでいる方は、これらの対処法を実践してみてください。必ず現状を打破することができるはずです。

対処法1:会社の将来性を考えてみる!

仕事を辞める決断ができない場合は、勤めている会社に将来性があるかを考えてみてください。
会社の将来が明るくなると希望がもてるようであれば、退職を考えることを止めてしまうはずです。

これは今の社会情勢や業種によっても違うとは思いますが、どんな業種の会社であっても将来が明るいのか・将来が暗闇なのかは想像ができることでしょう。
想像をしてみて、会社の将来性が暗い会社なのであれば転職を視野に入れて行動をしましょう。

仕事を辞める決断ができない時には、会社の将来性を考えてみれば決断を下すことができるようになるはずです。

対処法2:決断しない場合のリスクを考えてみる!

仕事を辞める決断ができない時は、決断をしない場合のリスクを考えてみましょう。
決断をせず会社にずっと勤めていた場合、自分にとってどんなリスクが降りかかるのかを考えてみれば決断を下すことができる様になります。

例えば決断を先延ばしにすればする程、年齢を重ねてしまうことになりますよね?
転職を決断したとしても年齢を重ねてしまった分、選べる幅が狭まったりしてしまうなどのリスクが発生してしまうのです。

このように、仕事を辞める決断ができない時は決断をしない場合のリスクを考えてみれば決断を下すことができるようになります。

対処法3:なぜ辞めたいと思っているのか考えてみる!

仕事を辞める決断ができない時は、なぜ辞めたいと思っているのかを考えてみるのです。理由も無いのに仕事を辞めたいと思う人はいないでしょう。

人間関係なのか、仕事の種類なのか、収入面や会社の待遇なのか、理由が分かれば決断を下せるはずです。
例えば営業職が向いていないから、仕事を辞めたいと思っていた場合には会社に部署を替えてもらうように申請をしてみる!などの対処ができます。

部署を変更してもらえたら辞めたいと思わなくなるのではありませんか?
反対に変更に応じてもらえないのであれば、すぐに決断を下せるはずです。
仕事を辞める決断ができない時は、なぜ辞めたいと思っているのかを考えてみれば決断を下せるようになります。

対処法4:上司や親しい同僚に相談してみる!

仕事を辞める決断ができない時は、上司や親しい同僚に相談をしてみるんです。
あなたが仕事を辞めたいと考えていることを相談してみると、意外と解決策がもらえたりする場合があります。

例えば仕事の内容があなたに合っていない場合や、キャパオーバーが原因になっている場合は上司や同僚が手を差し伸べてくれるはずです。
部署が合っていないのであれば、上司が移動を勧めてくれたりもすると思います。

上司や同僚に話を聞いてもらうだけでも気持ちが軽くなり、仕事を辞めたいと思う感情が消えてしまう場合もあります。
反対に相談をすることによって、あなたが仕事を辞める決断を下すことができる場合もあるはずです。

仕事を辞める決断ができない時は上司や親しい同僚に相談をしてみると決断を下せるようになります。

対処法5:転職の計画をたてる!

仕事を辞める決断ができない時は、転職の計画をたてることで決断を下せるようになります。
仕事を辞める決断ができないのは、辞めた後の生活に不安を感じるから決断をすることができないからなのです。

会社に在職している間に次の転職先を探しておけば生活に対する不安がなくなり、決断をできるようになります。
例えば平日に休みがある人は、休みの日にハローワークなどで転職先を探しても良いですし、転職サイトに登録をして探す!という方法もあるんです。

このような便利なものを活用して、次の職場を決めておけば生活を不安を感じることなく決断を下せるようになります。
仕事を辞める決断ができない時は、転職の計画をたてれば決断を下すことができるのです。

まとめ

仕事を辞める決断ができない時の5つの対処法を公開してみました。

  1. 会社の将来性を考えてみる!
  2. 決断しない場合のリスクを考えてみる!
  3. なぜ辞めたいと思っているのか考えてみる!
  4. 上司や親しい同僚に相談してみる!
  5. 転職の計画をたてる!

以上5つが対処法となります。

実践しやすいものから挙げてありますので、現在進行形で仕事を辞める決断ができない!という方は実践してみてください。必ずいずれかの決断を下せるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です